スポンサーリンク

インターネット銘柄一覧

米国市場のインターネット銘柄には、日本でも広く利用されているGoogleやAmazonのような企業があります。これらの企業には高い利益率でしっかり利益を出している銘柄も多いです。

[参考リンク]
第17回 インターネット・セクターについて - 広瀬隆雄 わかりやすいグローバル投資レポート


eBay (EBAY)

eBay Inc.(イーベイ)は、インターネット通信販売やオークションを手がけるアメリカの会社である。インターネットオークションでは世界最多の利用者を誇る。

Google (グーグル) (GOOG)

Google(グーグル)は、検索エンジン、クラウド・コンピューティング、ソフトウェア、オンライン広告といったインターネット関連のサービスと製品を提供するアメリカ合衆国の多国籍企業である。収益の多くをアドワーズと呼ばれるオンライン広告から得ている。

ネットフリックス (NFLX)

ネットフリックスは、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。 本社はカリフォルニア州ロスガトスに置かれている。10万種類、延べ4200万枚のDVDを保有し、1,600万人の顧客を得ている。映像ストリーミング配信では、全世界で4,040万人(うち米国3,120万人)の加入者がいる(2013年9月現在)。

パンドラ・メディア (P)

Pandora Internet Radio(別名:Pandora Radioもしくは単純にPandora)とは自動化された音楽レコメンデーションサービスでミュージック・ゲノム・プロジェクト(英語版)によるプレイリスト管理システムである。Pandora Media, Inc.が運営しており、アメリカ合衆国、オーストラリア、ニュージーランドで展開されている。ユーザーのアーティストセレクションに基づき特定ジャンルの楽曲を選定して再生する。ユーザーが出すサービスが選択した曲に対する肯定的もしくは否定的なフィードバックはPandoraが今度再生する楽曲に反映される。

プライスライン (PCLN)

プライスライングループは、アメリカ合衆国の株式会社であり、アメリカ国外を含む世界のオンライン旅行会社を統括する多国籍企業である。本社は、コネチカット州・ノーウォークに置かれている。

アマゾン・ドット・コム (AMZN)

Amazon.com, Inc.は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。インターネット上の商取引の分野で初めて成功した企業の1つである。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database などを保有している。

AOL (AOL)

AOL(エーオーエル)は、アメリカ合衆国の大手インターネットサービス会社、あるいは同社がアメリカを中心に世界各国で提供するインターネット接続サービス・ポータルサイトの名称である。

リンクトイン (LNKD)

LinkedIn(リンクトイン)は、2003年5月にサービスを開始した、世界最大級のビジネス特化型ソーシャル・ネットワーキング・サービス、及び、同サービスを提供するアメリカ合衆国カリフォルニア州シリコンバレーの企業。2014年8月現在の登録ユーザーは全世界で3億1300万人を超え、日本では、現在100万人以上が会員登録をしている。


最近見た銘柄
のニュース
Loading