スポンサーリンク

航空業界セクター銘柄一覧

航空業界は典型的な市況産業であり、景気や燃料コストに業績が大きく影響されます。一般に航空会社は損益分岐点が高く、財務的には魅力に乏しいです。このため、米国の航空会社の多くは長年赤字を垂れ流してきましたが、相次ぐM&Aで過剰キャパシティが整理されたことで、ようやく近年は各社ともコンスタントに利益を出せるようになってきています。

[参考リンク]
第29回 航空業界について - 広瀬隆雄 わかりやすいグローバル投資レポート


ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングス (UAL)

ユナイテッド航空は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴに本拠を置く航空会社。2002年12月に経営破綻し連邦倒産法第11章を申請したが、再建後の2010年10月にコンチネンタル航空と合併し旅客キロベースで世界最大の航空会社となった。航空連合スターアライアンスの中心的存在で、約700機を保有し世界373都市に就航している。

アラスカ航空グループ (ALK)

アラスカ航空 (アラスカこうくう、Alaska Airlines、NYSE: ALK) はアメリカの航空会社。1932年にアンカレッジ(Anchorage)〜ブリストル・ベイ(Bristol Bay)間の地域航空会社「マクジー航空」(McGee Airways)として創業、その後、合併を繰り返しアラスカ州最大の航空会社「アラスカ航空」となる。1960年代の冷戦時代には、ソ連への定期便も運航していた。 また1980年代には、アメリカ航空業界の規制緩和を背景に、さらなる急成長を遂げた。ワシントン州シアトルをハブとしている。

デルタ航空 (DAL)

デルタ航空はアメリカ合衆国ジョージア州アトランタ市に本拠を置く航空会社。旅客運送数および旅客キロ数で、米・ユナイテッド航空に次ぐ世界第2位の大手航空会社である。航空連合のスカイチーム創設メンバーであり、中心的な航空会社。


最近見た銘柄
のニュース
Loading