スポンサーリンク

ペトロブラス(PBR)

タグ : Petróleo Brasileiro S.A. - Petrobras

ペトロブラスは、ブラジルの石油会社。正式社名は Petróleo Brasileiro S.A.で、慣例としてブラジル石油会社あるいはブラジル石油公社等と表記されることがある、半官半民企業である。 wikipedia

株価
(05/27)
14.1前日比+0.19
1.37%
P/E10.52EPS1.10Div/Yield0.20 / 1.46

PBRについてのブログ記事

【銘柄分析】日本ハウズイング(4781)|マンション管理最大手 Hatebu Count
平安レイサービス(2344)|19年3月期ざっくりレビュー Hatebu Count
バフェット「アマゾンは『割安株』」の真意 Hatebu Count

PBRについてのコメント

最新の1件を表示(全1件)  |  もっと見る
7 :山師さん:2019/05/26(日) 11:34:49.41 ID:GgH8jClF0.net
6059ウチヤマホールディングス-6日ぶり反発 子会社がインドネシア・イマニュエル看護大学と協定締結
ウチヤマホールディングス<6059>が6日ぶり反発。同社は5月22日に、子会社であるさわやか倶楽部(福岡県を中心に全国で102施設の介護施設を運営)が、
イマニュエル看護大学(インドネシア)と産学連携に関する協定書を締結したと発表した。
マニュエル看護大学の大学カリキュラムの一環として、学生に対して日本国内での1年未満のインターンシップ活動を組み入れる。
また現地法人(PT. Sawayaka Fujindo Indonesia)は、当該インターンシップ活動の事前準備としてインターンシップ参加者に対しインドネシア国内において日本語・介護技術などの教育を行うとしている。
介護、カラオケ、飲食店が3本柱のウチヤマホールディングス <6059> は10日の取引時間中に、20年3月期の連結業績予想を公表した。
経常利益は18億9900万円(前期比43.2%増)と大幅増益を見込み、売上高は308億7300万円(同13.5%増)を予想している。
今期は、主力の介護事業を中心に、展開地域及び拠点数の拡大に努めるとともに、
事業間のシナジーの最大化を求めて共同仕入れによる合理化やサービス力のアップ、効率化を推進することで業績の向上を図るとしている。
株価は10日取引時間中の20年3月期連結業績見通し発表を好感して急伸し、13日に年初来高値の595円をつけた後、
調整場面となっている。ただ、PERは8倍台、PBR0.6倍台と割安水準にあり、再度の上昇軌道復帰が近そうだ。
5月23日(木)16時40分配信 フィスコ
■ウチヤマHD<6059>、中期経営計画を発表 介護事業分野のM&Aや新規事業の開発などを積極的に検討

最新の1件を表示(全1件)  |  もっと見る

引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/stock/1558836723/

最新の4件を表示(全4件)  |  もっと見る
145 :山師さん:2019/05/23(木) 23:13:55.21 ID:1+GzlnEg0.net
持ち株日本株だけどPER5倍なんだよな
PBR0.9 いそいで売らないといけないとかないけど
どうするべきか 配当も2%ある

619 :山師さん:2019/05/25(土) 12:52:20.08 ID:Xmr8tR8Y0.net
6059ウチヤマホールディングス-6日ぶり反発 子会社がインドネシア・イマニュエル看護大学と協定締結
ウチヤマホールディングス<6059>が6日ぶり反発。同社は5月22日に、子会社であるさわやか倶楽部(福岡県を中心に全国で102施設の介護施設を運営)が、
イマニュエル看護大学(インドネシア)と産学連携に関する協定書を締結したと発表した。
マニュエル看護大学の大学カリキュラムの一環として、学生に対して日本国内での1年未満のインターンシップ活動を組み入れる。
また現地法人(PT. Sawayaka Fujindo Indonesia)は、当該インターンシップ活動の事前準備としてインターンシップ参加者に対しインドネシア国内において日本語・介護技術などの教育を行うとしている。
介護、カラオケ、飲食店が3本柱のウチヤマホールディングス <6059> は10日の取引時間中に、20年3月期の連結業績予想を公表した。
経常利益は18億9900万円(前期比43.2%増)と大幅増益を見込み、売上高は308億7300万円(同13.5%増)を予想している。
今期は、主力の介護事業を中心に、展開地域及び拠点数の拡大に努めるとともに、
事業間のシナジーの最大化を求めて共同仕入れによる合理化やサービス力のアップ、効率化を推進することで業績の向上を図るとしている。
株価は10日取引時間中の20年3月期連結業績見通し発表を好感して急伸し、13日に年初来高値の595円をつけた後、
調整場面となっている。ただ、PERは8倍台、PBR0.6倍台と割安水準にあり、再度の上昇軌道復帰が近そうだ。
5月23日(木)16時40分配信 フィスコ
■ウチヤマHD<6059>、中期経営計画を発表 介護事業分野のM&Aや新規事業の開発などを積極的に検討

725 :山師さん:2019/05/26(日) 00:58:34.57 ID:4NiX4CFs0.net
6059ウチヤマホールディングス-6日ぶり反発 子会社がインドネシア・イマニュエル看護大学と協定締結
ウチヤマホールディングス<6059>が6日ぶり反発。同社は5月22日に、子会社であるさわやか倶楽部(福岡県を中心に全国で102施設の介護施設を運営)が、
イマニュエル看護大学(インドネシア)と産学連携に関する協定書を締結したと発表した。
マニュエル看護大学の大学カリキュラムの一環として、学生に対して日本国内での1年未満のインターンシップ活動を組み入れる。
また現地法人(PT. Sawayaka Fujindo Indonesia)は、当該インターンシップ活動の事前準備としてインターンシップ参加者に対しインドネシア国内において日本語・介護技術などの教育を行うとしている。
介護、カラオケ、飲食店が3本柱のウチヤマホールディングス <6059> は10日の取引時間中に、20年3月期の連結業績予想を公表した。
経常利益は18億9900万円(前期比43.2%増)と大幅増益を見込み、売上高は308億7300万円(同13.5%増)を予想している。
今期は、主力の介護事業を中心に、展開地域及び拠点数の拡大に努めるとともに、
事業間のシナジーの最大化を求めて共同仕入れによる合理化やサービス力のアップ、効率化を推進することで業績の向上を図るとしている。
株価は10日取引時間中の20年3月期連結業績見通し発表を好感して急伸し、13日に年初来高値の595円をつけた後、
調整場面となっている。ただ、PERは8倍台、PBR0.6倍台と割安水準にあり、再度の上昇軌道復帰が近そうだ。
5月23日(木)16時40分配信 フィスコ
■ウチヤマHD<6059>、中期経営計画を発表 介護事業分野のM&Aや新規事業の開発などを積極的に検討

781 :山師さん:2019/05/26(日) 12:59:12.08 ID:Zowco2rR0.net
6059ウチヤマホールディングス−6日ぶり反発 子会社がインドネシア・イマニュエル看護大学と協定締結
ウチヤマホールディングス<6059>が6日ぶり反発。同社は5月22日に、子会社であるさわやか倶楽部(福岡県を中心に全国で102施設の介護施設を運営)が、
イマニュエル看護大学(インドネシア)と産学連携に関する協定書を締結したと発表した。
マニュエル看護大学の大学カリキュラムの一環として、学生に対して日本国内での1年未満のインターンシップ活動を組み入れる。
また現地法人(PT. Sawayaka Fujindo Indonesia)は、当該インターンシップ活動の事前準備としてインターンシップ参加者に対しインドネシア国内において日本語・介護技術などの教育を行うとしている。
介護、カラオケ、飲食店が3本柱のウチヤマホールディングス <6059> は10日の取引時間中に、20年3月期の連結業績予想を公表した。
経常利益は18億9900万円(前期比43.2%増)と大幅増益を見込み、売上高は308億7300万円(同13.5%増)を予想している。
今期は、主力の介護事業を中心に、展開地域及び拠点数の拡大に努めるとともに、
事業間のシナジーの最大化を求めて共同仕入れによる合理化やサービス力のアップ、効率化を推進することで業績の向上を図るとしている。
株価は10日取引時間中の20年3月期連結業績見通し発表を好感して急伸し、13日に年初来高値の595円をつけた後、
調整場面となっている。ただ、PERは8倍台、PBR0.6倍台と割安水準にあり、再度の上昇軌道復帰が近そうだ。
5月23日(木)16時40分配信 フィスコ
■ウチヤマHD<6059>、中期経営計画を発表 介護事業分野のM&Aや新規事業の開発などを積極的に検討

最新の4件を表示(全4件)  |  もっと見る

引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/stock/1558581509/

最新の3件を表示(全3件)  |  もっと見る
152 :山師さん:2019/05/11(土) 23:03:38.30 ID:0sQiooY00.net
https://myindex.jp/global_per.php
世界平均 PER16.1 PBR2.3 配当2.52%
<先進国>
米国株 PER19.5 PBR3.4 配当1.96%
日本株 PER11.7 PBR1.3 配当2.38%
イギリス PER13.7 PBR1.7 配当4.42%
フランス PER15.4 PBR1.7 配当3.15%
ドイツ PER11.6 PBR1.5 配当3.15%
<新興国>
中国 PER13.8 PBR1.8 配当2.17%
ロシア PER6.4 PBR0.7 配当5.92%
インド PER21.8 PBR3.0 配当1.43%
<その他、特筆>
フィンランド PER15.5 PBR1.9 配当5.01%
NZランド PER25.0 PBR2.6 配当3.93%
韓国 PER8.3 PBR0.9 配当2.46%
これ見ると、やっぱり市場は効率的じゃないかな。
日本ドイツの株は低成長をしっかり織り込み済みだし
逆にインド株は高成長を織り込んでいる。
んで、ロシアはリスクプレミアムてんこ盛り。
ニュージーランドだけ意味わかんねえけど。
韓国は低く見積もられすぎてるのか思ってる以上にヤバいのかどっちだ。

155 :山師さん:2019/05/11(土) 23:06:56.06 ID:WR9JAUYl0.net
>>152
トルコは?

224 :山師さん:2019/05/12(日) 11:53:46.92 ID:ytP/S7cI0.net
原始割安株 PERやPBRがアホみたいに低くて、財務が健全な株
成長割安株 ひたすら成長する割にはPERやPBRが常識の範囲の株
不人気割安株 まともなのに業界自体の不人気や過剰な将来悲観がされてる株
大体こんな感じだろ

最新の3件を表示(全3件)  |  もっと見る

引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/stock/1557547851/

最新の2件を表示(全2件)  |  もっと見る
24 :山師さん:2019/05/04(土) 01:22:47.40 ID:yyw1iT1b0.net
6059ウチヤマホールディングス(東証一部)
2019.4.28 486円
PER10.65倍(予想EPS45.62円)・・・第三四半期実績EPS50.67円
PBR0.6倍(実績BPS815.32円)・・・介護関連株で唯一PBRが1倍割れ
予想配当利回り2.06%(予想一株配当金10円)
株主優待400株 お米券5kg分
進捗率80.9%

販売用不動産・・・四半期連結貸借対照表2018年6月30日9億8173万9千円➡2018年12月31日31億6989万3千円に激増。
不動産の引き渡しが4月25日に完了、2020年3月に連結業績に計上される。
あと、4月5日に出た月次速報はカラオケの既存店、全店で売上高100%越えを二か月連続更新。
来期の第一四半期の月次(全店)は4月94.4%、5月91.7%、6月98.4%。
第二四半期は7月91.6%、8月97.7%、9月97.8%、第三四半期は10月91.9%、
11月97.3%、12月97.1%、第四四半期1月96.4%、2月100.8%、3月100%。
これと比較したら当然来期は余程の災害が無い限り、100%越えは達成出来ると予想しやすい(退店がようやく底打ち)。
かつ、今期後半で100%越えを二連続で叩き出して来期に結び付くのは大きい。
カラオケ不採算店での減損損失は2019年5351万、2018度4億6978万、2017年度8億9628万、
2016年2億7278万、2015年2億9263万、2014年6601万、2013年8975万。
2013年〜2018年で合計21億4074万円
カラオケと飲食店の膿を出し切って介護も10%以上の伸び率、12期連続増収、3期連続増益の最中。

198 :山師さん:2019/05/04(土) 18:04:46.43 ID:yyw1iT1b0.net
6059ウチヤマホールディングス(東証一部)
2019.4.28 486円
PER10.65倍(予想EPS45.62円)・・・第三四半期実績EPS50.67円
PBR0.6倍(実績BPS815.32円)・・・介護関連株で唯一PBRが1倍割れ
予想配当利回り2.06%(予想一株配当金10円)
株主優待400株 お米券5kg分
進捗率80.9%

販売用不動産・・・四半期連結貸借対照表2018年6月30日9億8173万9千円➡2018年12月31日31億6989万3千円に激増。
不動産の引き渡しが4月25日に完了、2020年3月に連結業績に計上される。
あと、4月5日に出た月次速報はカラオケの既存店、全店で売上高100%越えを二か月連続更新。
来期の第一四半期の月次(全店)は4月94.4%、5月91.7%、6月98.4%。
第二四半期は7月91.6%、8月97.7%、9月97.8%、第三四半期は10月91.9%、
11月97.3%、12月97.1%、第四四半期1月96.4%、2月100.8%、3月100%。
これと比較したら当然来期は余程の災害が無い限り、100%越えは達成出来ると予想しやすい(退店がようやく底打ち)。
かつ、今期後半で100%越えを二連続で叩き出して来期に結び付くのは大きい。
カラオケ不採算店での減損損失は2019年5351万、2018度4億6978万、2017年度8億9628万、
2016年2億7278万、2015年2億9263万、2014年6601万、2013年8975万。
2013年〜2018年で合計21億4074万円
カラオケと飲食店の膿を出し切って介護も10%以上の伸び率、12期連続増収、3期連続増益の最中。

最新の2件を表示(全2件)  |  もっと見る

引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/stock/1556896047/

Loading icon
最近見た銘柄
PBR のニュース
Loading