スポンサーリンク

ゴールドマン・サックス・グループ(GS)

316 :山師さん:2018/02/11(日) 23:49:48.62 ID:q8tHbbIQ0.net

GSのエコノミスト、ダーン・ストルイベン氏いわく「米株高はGDPを0.6%ポイント押し上げ、成長1%増のうち3分の2が金融市場環境によってもたらされた
(ここでいう金融市場環境とは米株高だけを意味せず、低金利、信用リスクプレミアムの縮小、軟調なドルなどを指す)」。
金融環境が成長押し上げに大いに貢献した結果、2017年に2.6%増を遂げたというわけだ。
ただし、ストルイベン氏は米株高の経済押し上げ効果は2018年10?12月に0.3%ポイントへ伸びを縮小させるという。
この試算はあくまで米株高が徐々に弱まるケースに当てはまり、直近の米株急落のような途方もない不確実性が浮上すれば、話は変わる。
米株が20%以上も暴落する弱気相場に突入すれば、経済押し下げ効果は0.5%に達してしまう。逆に米株が四半期ごとに10%も上昇するような勢いを維持した場合、
押し上げ効果は1%に達し、2018年の成長率は3%超えも夢ではなくなる。ウォール・ストリートの暗雲が垂れ込めば、メインストリートに雨が降るということだ。
GSが指摘するように、ウォール・ストリートとメイン・ストリートはつながっているのだろう。


引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/stock/1518213933/