スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォード・モーター(F)

タグ : 自動車メーカーS&P500銘柄

フォード・モーターは、世界の自動車王ことヘンリー・フォード一世が1903年6月16日に創業した、アメリカ合衆国ミシガン州ディアボーン(デトロイトの近郊都市)に本社を置く自動車メーカー。いわゆるビッグスリーの一つである。FoMoCo(フォモコ)と略される場合もある。 wikipedia

株価
(06/24)
11.04 前日比 -0.09
-0.81%
始値 11.1 高値 11.13 安値 11.0
P/E 11.76 EPS 0.94 Div/Yield 0.6 / 5.4
関連銘柄情報
自動車セクター銘柄GMTMNAVHMCTSLA

Fについてのブログ記事

VALU、ブロックチェーンで岐路に立つ日本のネット業界 Hatebu Count
米国のミレニアル世代はどんな株を買っているのだろうか? Hatebu Count
今週はキャタピラー、コカ・コーラ、マクドナルド、AT&T、ボーイング、プロクター&ギャンブル、アルファベット、アマゾン、インテル、マイクロソフトなどが決算発表する  Hatebu Count
>> ブログ記事の続きを見る

Fについてのコメント

最新の1件を表示(全1件)  |  もっと見る
483 :山師さん:2017/06/13(火) 07:20:27.51 ID:dv7xn3sW.net

今、GoogleやAmazon等のグロース株に投資家の資金が集中してしています。
こういうときこそ、足元を見つめて、インデックス投資やバリュー投資の原点を見直すことが必要と思います。
バリュー投資家が、グロース株に手を出すときこそ、グロース株の終焉のときとも言われます。
特にIT業界の栄枯盛衰は、極めて激しく、今の市場を支配している企業が姿を消すことは珍しくありません。
この20年を振り返ってもそう感じます。
20年前の1997年は、Windows95でPCのOSを支配したMicrosoftがIT業界の覇権を握っていました。その盤石の支配体制から、今後100年は、Microsoft一極支配が続くと言われていました。
同時期、SONYが、薄型PCのバイオをヒットさせ、PCのトップ企業となり、音楽でもMDを発売し、世間をアッと言わせました。
ポータルサイトはhiroさんの記事の通り米ヤフーが興隆していました。
同じ年の1997年7月7日に、Appleにジョブズが復帰したものの、従業員3ヶ月分給与資金すらなく、主力のMacintoshのPCは売れば売るほど赤字で、倒産は時間の問題と言われていました。
1年後の1998年にスタンフォードの学生が新しい検索エンジンをつくり、ベンチャーを立ち上げます。後のGoogleです。
13年後2010年にMicrosoftはAppleに時価総額で抜かれ、2012年には、Googleにも抜かれることとなりました。
ITはモバイル主流となり、覇権はMicrosoftからAppleとGoogleに移ったのです。たった15年で、盤石の支配体制のMicrosoftが、当時倒産寸前のAppleと当時ベンチャーのGoogleに抜かれたのです。
そして、SONYはPCから撤退し、MDの製造も中止となりました。また、米ヤフーは解体しました。
おそらくは、15年後のIT業界は、今とは大きく顔触れが変わっていると思われます。
グロース株の興隆に幻惑されないで、もう一度、自分自身の投資方法を確認することが大切に思います(自分にも言い聞かせています)。


最新の1件を表示(全1件)  |  もっと見る

引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/stock/1491881744/

Loading icon


スポンサーリンク
最近見た銘柄
長期投資向き銘柄一覧
テーマ別銘柄一覧
F のニュース
Loading